沖縄青の洞窟ダイビング、シュノーケリングはマリンクラブUMIにおまかせ下さい👌❤

さて、気をつけなければいけないダイビングとフライトの関係について…

ダイビングを行うと酸素ボンベんの使用や水圧により

過剰に身体に窒素が溶け込みます(時間が経てば自然と体外にでます)

窒素が体内に残った状態で飛行機に乗ってしまうと

気圧が低いために窒素が体液や組織内で膨らみ気泡となり

「減圧症」というものになってしまうリスクが高くなります。

なので海で楽しみたいが当日フライトの予定がある場合は

シュノーケリングへプランを変更しましょう💖🐠

 

 

● ダイビング後の高所移動

標高400m以上の移動は明らかに発症リスクが高まります。

● ダイビング後の飛行機搭乗

ダイビング後18時間以内の飛行機搭乗は、減圧症発症のリスクが高くなることが知られています。
さらに念のため、ダイビング後24時間はあけたほうがよいでしょう。  PADI公式より