ダイビングをした日に飛行機に乗ることはダイビング業界で禁止されています!

飛行機に乗ってきた日のダイビングは大丈夫なのになぜ?と疑問に思う方も多いかもしれませんが

理由はダイビングした後は体に窒素が溜まってしまうからです。

到着日は窒素は溜まっていない状態なのでダイビングすることができます!

 

ダイビング後、窒素が体に残ったまま飛行機に乗ると気圧が低くなる上空では窒素が気泡状となり体に悪影響を与えてしまいます。

(イメージは炭酸飲料のフタをとったときです。血液中の窒素が気泡になったら‥とかんがえると恐ろしいですね)

この窒素は自然に体から出ていくものですが、少し時間がかかり、通常18~24時間ほどといわれています。

なのでダイビングをした日のフライトはダイビング業界では禁止されています😫

 

自己責任だから大丈夫!とは思わずに、どうぞ安全第一の旅行プランをご検討くださいませ☺

OLYMPUS DIGITAL CAMERA