忘れられない夏の思い出はございますか?
真っ青な水面の光景、自由に泳ぐ魚たちの群れ、自然が織りなす幻想的な世界。
一度海の中に潜ってしまうと二度と忘れることができない、体験ダイビング。
沖縄の体験ダイビングこそ、今年の夏の思い出にぴったりでしょう。

今回、沖縄の体験ダイビングのオススメのスポット、「青の洞窟」をご紹介します。

 

「青の洞窟」の世界へようこそ

青の洞窟は、沖縄県恩納村の真栄田岬にある洞窟の1つです。
世界でも有数な美しい沖縄の海にひかれて、日本・海外から体験ダイビング好きが集まります。

ウミガメ

体験ダイビングで潜ったときに見える、青の洞窟の神秘的な青のコントラストが、非日常の世界へとあなたを導きます。

太陽の光が青の洞窟内に差し込み、海底に鏡のように反射することで水面を青く光らせる不思議な現象を味わいたい。沖縄の体験ダイビングポイントの中でも、青の洞窟が人気の高いエリアの所以でしょう。

「青の洞窟」へは泳いでいく?ボートでいく?

「青の洞窟」がある恩納村の真栄田岬は、那覇空港から約1時間(高速利用)、国際通りがある那覇市から約1時間の距離にあります。

*住所:沖縄県恩納村真栄田469-1

真栄田岬から、青の洞窟へ行くルートには2通りあり、どちらも沖縄の海を楽しめます。

真栄田岬から泳いでいくルート

真栄田岬

真栄田岬

まずは、真栄田岬の崖からビーチに向かって階段で下っていきます。

真栄田岬から一望できる沖縄の海には、ひときわ澄みきった青の美しさを堪能できますが、体験ダイビングのお客さまで混み合う10時から14時の間は、十分に足元のほどお気をつけてくださいませ。

ビーチに到着しましたら、そのまま青の洞窟へは泳いでいけます。途中、水深があるところでは、チョウチョウウオ・スズメダイ・クマノミといった魚たちがたまに顔をのぞかせます。
ゆっくりとした沖縄の時間を楽しむにはぴったりでしょう。

 

恩納村塩屋漁港(シオヤギョコウ)からボートで向かうルート

青の洞窟へボートでいく

恩納村塩屋の港からボートを利用すれば、青の洞窟へはすぐに到着できます。ボートで器材一式も一緒に運んでもらうため、重い器材を背負っての移動がなくなり、体力に自信のない方や、女性やお子様など、楽に体験ダイビングを楽しむことができます。

ボートの船酔いを心配しているあなたへ。
10分弱ほどで青の洞窟には到着するため、安心して体験ダイビングの時間をお楽しみください。

 

体験ダイビングで出会う、幻想的な世界とは?

青の洞窟 体験ダイビング

体験ダイビングの様子

ライセンスがなくても気軽にできる体験ダイビングは、初心者の方、久しぶりに行う方にオススメです。
経験豊かなインストラクターが、手取り足取りダイビングの仕方を教えてくれ、さらに「青の洞窟」のガイドもしてくれます。

体験ダイビングで楽しむ沖縄の水中は、海上からのぞける世界とは異なります。
トロピカルフィッシュの群れ、一面に広がる美しいサンゴに囲まれるひと時があなたを待っています。
魚たちの生き物は、人に慣れており、餌付け体験をしたり、直に触れ合うこともできます。
体験ダイビングこそ、沖縄に来た価値を高めてくれるでしょう。

そうだ、今年の夏は沖縄にいこう!

青の洞窟 体験ダイビング

青の洞窟 体験ダイビング

夏シーズンだと、国内・国外問わず観光客が体験ダイビングを行うため、時間がかかるときは30分ほど待つこともあります。

そこで、体験ダイビングを行うオススメの時間帯をお伝えします。
早朝7時〜9時の時間帯、または15時以降の時間帯が比較的空いていますので、体験ダイビングをするには狙い目となります。

あなたの沖縄旅行のスケジュールの中に、「青の洞窟」で体験ダイビングを楽しむ時間をつくること。
忘れられない夏の思い出の1ページのはじまりになるでしょう。

 

マリンクラブUMIの体験ダイビング

次の3つのプランをご用意しております。
経験豊富なインストラクターが、初心者でも安全・安心して楽しめるように心掛けておりますので、ぜひ旅のプランに、ご検討くださいませ☆

  • 青の洞窟 体験ダイビング (ボート経由)
  • 青の洞窟 体験ダイビング (ビーチ経由)
  • クマノミ 体験ダイビング (ボート経由)

体験ダイビングのプラン